Sumo Logicの製品概要や事例等のお役立ちコンテンツはこちら! さらに詳しく

Continuous Intelligence Platform™

継続的インテリジェンスはデジタル トランスフォーメーションに必要不可欠

デジタル企業はソフトウェアの新しいカテゴリである継続的インテリジェンス (CI) を活用しています。CI とは、複数のユース ケースに対応した単一のクラウド ネイティブなプラットフォームから引き出されるリアルタイムのアナリティクスとインサイトのことです。これによって、企業は意思決定を迅速化し、世界クラスの顧客体験を向上させることができます。

レポートを読む: Why CI? Why now?

Sumo Logic が提供する唯一かつ初のクラウド ネイティブな Continuous Intelligence Platform™ により、企業はインテリジェンス エコノミーで成功を収めることが可能になります。

Continuous intelligence platform

継続的イノベーションへの移行を促進します。継続的インテリジェンスの詳細をご確認ください。

デジタル企業が成功を収めるための 5 つの要件

Apps

最新のアプリケーション アーキテクチャ

より迅速かつ柔軟にソフトウェアを作成してデプロイすることを可能にする、リアルタイムで組み立て/再構築される新しいソフトウェア アーキテクチャ。

Multi cloud

マルチクラウドの採用

複数のクラウド インフラストラクチャに分散したアプリケーション ワークロードを実行して、スケーラビリティ、柔軟性、コスト効果を向上させる機能。

Secure By Design

継続的セキュリティ

デジタル攻撃対象領域が拡大の一途をたどる中で、人工知能と機械学習テクノロジによって可能になる、最新の脅威を食い止めるための機能。

People

継続的コラボレーション

信頼できる 1 つの情報源から、複数のユース ケースに対してコンテキストに即したインテリジェンスとインサイトを提供する能力。これにより、コラボレーションや迅速な意思決定が実現します。

Advanced Analytics

データ駆動型インテリジェンス

ログ、メトリクス、イベント、メタデータ、トレース、その他のテレメトリとして生成される大量のマシン データからリアルタイムのインサイトとビジネス価値を引き出す能力。

インテリジェンス エコノミーでしのぎを削るデジタル企業

インテリジェンス エコノミーの世界では、経営幹部やビジネス リーダーはビジネスで起きたことをただちに把握し、迅速かつ的確に対応をする必要があります。リーダー達は、ビジネスの正常性とセキュリティに対してリアルタイムの説明責任を負っています。

また 5 つの要件によって複雑さが増してデータ量も増大することでインテリジェンス ギャップが発生します。デジタル ビジネスで成功を収めるにはギャップを埋める必要があります

Apps

最新のアプリケーション アーキテクチャ

インテリジェンス ギャップ

ワークロードは小さなコンポーネントに分かれて複数のクラウド環境に分散しています。これにより、管理、捕捉、分析する必要があるコンポーネント、システム、シグナルが増加するなどして、複雑性が増大します。

Sumo Logic Continuous Intelligence Platform™ を選ぶ理由

より迅速な品質改善と、このような複雑なシステムとサービスのより優れた管理を実現します。

Multi cloud

マルチクラウドの採用

インテリジェンス ギャップ

マルチクラウドを採用すると、デジタル上で情報が無秩序に拡散します。その原因となっているのは、サイロ化されたアーキテクチャと管理ツールです。これらは全ての情報の一元提供やリアルタイムでの運用ができず、クラウド環境のスケーラビリティもありません。

Sumo Logic Continuous Intelligence Platform™ を選ぶ理由

異なる種類のアーキテクチャ全体にまたがる複数のユース ケースをリアルタイムに 1 か所で可視化します。

Secure By Design

継続的セキュリティ

インテリジェンス ギャップ

境界のないデジタル フットプリント全体に攻撃領域が拡大するにつれて、セキュリティの複雑さは増大します。そして大抵の組織では、この新たに生まれた分野を保護するために必要な熟練アナリストやクラウドネイティブなツールが不足しています。

Sumo Logic Continuous Intelligence Platform™ を選ぶ理由

脅威の検出と対応を自動化および高速化し、ノイズから本当の脅威を抽出します。

People

継続的コラボレーション

インテリジェンス ギャップ

各チームが旧式のサイロ化システムを利用するのに苦労しているならば、コラボレーションはますます重要性です。そのような旧式のシステムはデータを部分的にしか表示できず、組織全体で起こっていることに関するリアルタイム コンテキストを提供できません。

Sumo Logic Continuous Intelligence Platform™ を選ぶ理由

すべての部門が、信頼できる単一の情報源である最新型アプリケーションからコンテキストに即したインサイトを得てオペレーションを行い、迅速に意思決定することを可能にします。

Advanced Analytics

データ駆動型のビジネス

インテリジェンス ギャップ

圧倒されるような量のデータが日々蓄積されていく中、企業はそれを保管して保護する必要があるものの、そこから価値を引き出す能力が不足しています。

Sumo Logic Continuous Intelligence Platform™ を選ぶ理由

ともすると負担にもなりえる大量のデータをリアルタイムの価値に変換して、複数のユース ケースに活用できる、さまざまなインテリジェンスを引き出せます。これはビジネスの成功に寄与し、他社との競争で優位に立つのに役立つでしょう。

Sumo Logic Continuous Intelligence Platform™ を利用する準備はできましたか?

では今すぐ始めましょう。