Sumo Logicの製品概要や事例等のお役立ちコンテンツはこちら! さらに詳しく

アプリケーションのモニタリング

アプリケーションのモニタリング、診断、トラブルシューティングをより迅速に

開発ライフサイクル全体にわたってログ、メトリクス、トレースなどのアプリケーション データを統合する可観測性プラットフォームを使用すれば、ダウンタイムを削減し、お客様に影響を与える問題をより迅速に解決できます

E2eanimation cropped

アプリケーションの可観測性

必要なすべての可観測性ツールを 1 か所に統合

現代の機能横断型の現場では、信頼性チームとプラットフォーム チームが問題を解決する際に何かを見逃すことは許されません。さらに、マイクロサービスベースのアプリケーションには複雑さが伴うことから、DevOps とソフトウェア開発では、さまざまなツールによって可視性がばらばらに分離したり、セキュリティで保護されないプラットフォームに甘んじたり、アナリティクスのライセンス コストが理由でデータを完全に放置するといった妥協を強いられてきました。こうした妥協はもう不要です!Sumo Logic のアプリケーション可観測性ソリューションを導入すれば、拡張性と強力なセキュリティを備えたコスト効果の高いアナリティクス プラットフォーム上で、パフォーマンス メトリクス、ログ、イベント、分散トランザクション トレースなどのあらゆるデータを統合できます。

アプリケーションの可観測性

現代のビジネスにはリアルタイムのアプリケーション モニタリングが不可欠です

「モダン (最新型) アプリを売りにするスタートアップにとって、何事もリアルタイムであることはビジネスに不可欠な要素です。常にビジネス拡大を意識している弊社では、機能の配信を加速してモデルを成熟させるために必要なすべてのツールを確保しています。それが、Sumo Logic の可観測性プラットフォームです。これを使ってビジネス全体にわたるリアルタイムのインサイトとインテリジェンスをこのプラットフォームに統合して運用し、お客様のデータを保護しています。」

Snoop 社

Jem Walters 氏

共同創設者兼 CTO

マイクロサービスの可観測性を統合

さまざまなログ、メトリクス、イベント、トレースにわたり、マイクロサービスをモニタリングします

わずか数秒でお客様を失ったり、数時間でブランド イメージが崩れたりする可能性があります。お客様に影響を与える問題をリアルタイムで検出しなければなりません。エンジニアたちは、問題を把握して未知の事象を明らかにするのに必要なあらゆるデータとツールを使える必要があります。

Sumo Logic の統合アナリティクス プラットフォームは、パフォーマンス モニタリングにより測定されたシステム問題、ロギングによって得られる高度な可視性、トレースとトランザクション分析によるユーザ エクスペリエンス モニタリング、そして統合されたセキュリティ分析によるセキュリティの可視性をシームレスに相関付けます。この同じプラットフォームでは、エンジニアたちが極めて複雑な問題を迅速に発見して解決するのに必要な高度なアナリティクスも行われます。

マイクロサービスの可観測性を統合

アプリケーションのトラブルシューティングとモニタリングを強力に支援

皆様のようなエンジニアが設計したモニタリング ツールによって、問題を発見して解決するまでの時間を短縮できます

Sumo Logic では、Telegraf などのオープンソース プロジェクトを使って数百のアプリからメトリクスを収集することでアプリケーションのモニタリングが容易になります。

統合されたアラート機能により、ログ イベントとパフォーマンス メトリクスに関する現場の信頼性指標とパフォーマンス指標に基づいて数秒で問題を検出し、アラートを出します。メトリクスとログが統合されるので、直感的に問題を掘り下げて調査し、迅速に問題を診断してトラブルシューティングを行うことができます。

アプリケーションのトラブルシューティングとモニタリングを強力に支援

マイクロサービス向けの分散トランザクション トレース

オープン スタンダード対応の分散トレース データから、ビジネス上重要なトランザクションのエンドツーエンド実行に関するインサイトが得られます

マイクロサービスのパフォーマンスの問題とエラーをユーザ エクスペリエンスに関連付けるには、エンドツーエンドのユーザ エクスペリエンスを把握して、レイテンシの問題を明らかにすることが不可欠です。分散トランザクション トレースによるテレメトリを使用すれば、主要なパフォーマンス指標を実際のユーザ エクスペリエンスに関連付けることができます。

Sumo Logic のトレースを使用すると、チームは分散型アプリケーション環境全体にわたるトランザクション実行とパフォーマンスをモニタリングし、問題をトラブルシューティングできます。トレース データにはログ、メトリクス、メタデータが完全に統合されるので、本番環境のインシデントを管理して問題に対処するまでの作業が円滑化されるとともに、根本原因の分析が効率化されてダウンタイムを減らせます。Sumo Logic のトレースは OpenTelemetry 標準をサポートし、Cloud Native Computing Foundation (CNCF) のオープンソース コンポーネントを活用して分散トレース データを収集します。

マイクロサービス向けの分散トランザクション トレース

柔軟な最新型ライセンス

ライセンス モデルはチームを制限するのではなく、チームの機能を強化するものでなければなりません

ベンダーのランセンス モデルの制限に収まるよう、チームがアーキテクチャ上の選択に迫られたり、テレメトリを変更する義務を感じたりすることがあってはなりません。マイクロサービス アーキテクチャのマシンデータをサーバベースの従来型モデルに無理やり取り込むことはできません。さらに、ビジネスとお客様にメリットをもたらすカスタム テレメトリを作成したという理由でペナルティが科されるべきでもありません。

Sumo Logic の柔軟なクレジットベースのライセンスなら、お客様に完全に制御が委ねられ、使用状況やアーキテクチャの選択に対してペナルティが科されることは一切ありません。しかも、Infrequent Data Tier を使用すればデータに対する課金がなく、お客様はアナリティクスを使いすぎて費用がかさむことを懸念せずにデータを取り込めます。

柔軟な最新型ライセンス